受講コース

活躍の場を広げる
充実のカリキュラム

現場を知る者の視点で作成されたカリキュラムならではの実運用に即した最高品質のプログラムをご提供します。特に、ドローン飛行に最も重要な「安全面」「飛行技術」「気象学」は各専門分野の有識者の監修によるいまだかつてない実践的な内容です。

安全面
ドローンを安全に操縦するだけでなく、法律はもとより関連する安全知識を「分かるまで」サポートします。
飛行技術
ドローンを商業利用する際に求められる複雑な操作を分かりやすく習得して頂き、実務でのスムーズな運用を行えるよう「できるまで」サポートします。
気象学
気象予報会社・気象予報士のバックアップのもと作成されたプログラムで「誰でも」ハイレベルの気象知識を得られます。
  • フライト基本技術コース
  • 測量基本技術コース

フライト基本技術コース

座学と実技を通じ、国土交通省への飛行許可申請が可能となる10時間フライトを達成する基本コース

※受講日数、延べ4日間のコースとなります

※対象:全員

1日目 2日目 3日目 4日目
座学 法律、基礎知識、気象、安全等 座学試験
実技 基本動作等 三角上下、ATTI等 夜間飛行、実技試験

試験にて基準を満たさない場合は追試を行います。

  • ・ 安全な運航を重視した講義内容です。
  • ・ 操縦に必要な法律、気象、機体構造、安全対策等について学びます。
  • ・ GPSモードだけではなく、ATTI(GPSが切れている)モードでドローンの操縦ができるよう実技を行います。
  • ・ 飛行許可申請の基準を満たしているので、卒業後は国土交通省へ飛行許可申請を行うことができるようになります。

測量基本技術コース

初級

測量の基礎知識とドローンによる空中写真測量の方法を習得し、空撮と解析方法の基礎を学ぶコース

※受講日数、延べ5日間のコースとなります

※対象:全員

※既にフライト基本技術コースを卒業された方は5日目のみ受講。

※10時間以上のフライト経験をお持ちの方、無人航空機の飛行に係る許可・承認書をお持ちの方。

1日目 2日目 3日目 4日目 5日目
座学 法律、基礎知識、気象、安全等 座学試験 空中写真測量の基礎知識、飛行計画書作成、三次元解析等
実技 基本動作等 三角上下、ATTI等 夜間飛行、実技試験 自動航行撮影、実技試験等
  • ・ 測量士による空中写真測量の補助が出来ることを目指します。
  • ・ 自動航行による空中写真測量において必要な素材を収集し、簡易な解析結果を得られるまでの技術を習得することが出来ます。
  • ・ 空中写真測量の要点と解析方法を理解することで、成果物の精度向上の基礎を学びます。
  • ・ その他、空中写真測量を行う際の安全管理など、実践で役立つ知識を得ることができます。
  • ・ フライト基本技術コースの内容を含み飛行許可申請の要件を満たしているので、卒業後は国土交通省へ飛行許可申請を行うことが出来るようになります。


中級(2019年秋受講開始予定)

「UAVを用いた公共測量マニュアル(案)」・「空中写真測量(無人航空機)を用いた 出来形管理要領(土工編)(案)」に準拠した知識と技能を習得し、 卒業後は i-Constructionの実際の現場で活躍可能なスキルを得られるコースです。

受講費用とお支払いについて


受講コース 費用(税抜)
フライト基本技術コース 250,000円
測量基本技術コース 初級*1 270,000円
中級(JUAVAC測量管理士) 只今準備中
  • *1 価格はフライト基本技術コースとセット価格です。
  • ※ 法人単位でのお申し込みの場合は、別途価格帯をご用意しております。
  • ※ 各コースで使用する機体は、当校がご用意いたします。
  • ※ 受講費用およびカリキュラム内容等は、予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。